>

持続時間があることを理解しよう

2時間から3時間と言われる

ずっと海にいる人が多いと思います。
朝に日焼け止めクリームを塗っても、数時間で効果が失われてしまいます。
絶対に日焼けしたくないのであれば、2時間から3時間が経過したら塗り直してください。
それで効果が、いつまでも続きます。
自分が何時間前に日焼け止めクリームを塗ったのか、覚えておきましょう。

忘れないよう、こまめに時計を確認してください。
顔や腕、足にはきちんと塗っても、背中や首は忘れてしまうことが多いです。
背中は塗りにくいので、友人に塗ってもらうといいでしょう。
何度も塗り直せるように、日焼け止めクリームを必ず海へ持って行ってください。
容器の底に、成分が溜まっていることがあります。
使う前によく振ってください。

水に強い製品を選択しよう

普通の日焼け止めクリームでは、水や汗で流れてしまいます。
流れ落ちると意味がないので、必ず水や汗に耐えられる製品を購入してください。
そのような日焼け止めクリームであれば、海に入って遊んでも流れ落ちることはありません。
海へ行くと暑くて、汗もかきます。
汗にも強いという部分は重要なので、パッケージに書いてある説明をきちんと読んでください。

いろんなドラッグストアに行くと販売されている日焼け止めクリームの種類が豊富です。
自分の目的に合う日焼け止めクリームを探すため、ドラッグストアを見て回るのもいいですね。
明日海に行くからと焦って購入すると、選択を間違えてしまいます。
余裕を持って、日焼け止めクリームの準備をしてください。


この記事をシェアする