海用の日焼け止めクリーム

夏といったら、海ですよね。
友人や家族と遊びに行く人が多いと思います。
ですが日焼けを気にすると、集中して遊べません。
日焼け止めクリームを塗ることで、紫外線を気にしないで遊べるので、日焼けをしたくない人は使ってください。
使い方に注意してください。
間違っている使い方では、正しい効果を発揮できなくなってしまいます。
まず、海用の日焼けクリームを購入してください。
海用の日焼け止めクリームは、他のものに比べて強力になっています。

また、こまめに塗り直すことを意識してください。
朝に塗ったから、もう大丈夫だと思っている人が多いのではないでしょうか。
しかし日焼け止めクリームには、持続時間があります。
効果が切れると、何も塗っていない状態と同じなので、紫外線の影響を受けてしまいます。
2時間から3時間が、持続時間だと言われています。
また水に強いタイプを選択してください。
水や汗に弱い日焼けクリームでは、海に入っただけで効力を失います。

塗り方にも注意が必要です。
ムラができると、その部分だけ日焼けしてしまいます。
全体が均一になるよう、伸ばしてください。
日焼け止めクリーム量が少なくても、多くても効果を発揮できません。
日焼け止めクリームだけでは、不安だという人も見られます。
さらに仕上げとして、UVパウダーを使うのがおすすめです。
UVパウダーを重ね塗りすれば、さらに強力な紫外線対策になります。
またメイクが崩れることも防いでくれるので、一石二鳥ですね。

しっかり対策しておこう

普段街を歩く時も、日焼け止めクリームを塗っている人がいると思います。 ですが日焼け止めクリームには、種類があります。 街を歩く時に使用するタイプは、成分が弱いので海で使うのはおすすめできません。 海へ行く時は、もっと強力な成分が含まれた日焼け止めクリームを使ってください。

持続時間があることを理解しよう

実は、日焼け止めクリームには効果が続く時間が決まっています。 効果が切れそうになったら、すぐ塗り直すことが重要です。 家を出る前に塗ったから大丈夫だと、日焼け止めクリームを置いて来てしまう人が見られます。 それでは日焼け対策にならないので、持って行きましょう。

塗り方を勉強しよう

みなさんは、日焼け止めクリームの正しい塗り方を知っていますか。 せっかく強力な日焼け止めクリームを使っていても、塗り方に問題があったら意味がありません。 海へ行く前に、正しい塗り方を勉強してください。 お肌の全体に、均一になるよう伸ばすことがコツです。